誰もついてこれなくてもしょうがない

事の発端。

娘2とカラオケに行った。
娘が「ピンヒールサーファー」という曲を入れた。
娘が画面を見て、作った人「SHO WADA」だって~。
(娘2はあらちのしょうくんが大好き。なので「SHO」に反応したのね)
 …数十秒のタイムラグ後。
な、なにーーー。SHO WADAって和田唱???
そこからスマホでの検索が始まった。

あ、和田唱ってTRICERATOPSというバンドの人で私が30歳くらいから夢中になった人でした。

TRICERATOPSって男性のバンドなもんで女の人に曲提供しないかなーって
当時常々思っていたもんだったよ。
そうすれば原曲キーで歌えるから。

で、検索してたらびっくり。
最近はきすまいとかに詞を提供とかしてるのね。
そしてすま先輩にも曲提供するのね。
おめでとう唱くん。ほんとにおめでとう。

その発想はなかったわ。乙女の心がキュンキュンする歌詞を書くんだけどね。
あらちの歌詞もお願いしたかったわ。
れいんぼーみたいになる危険性もおおいにあるけど。
関連記事

Comments 2

5103

りいこさん こんにちは~

CDまでもっていたの?えらい。

ずいぶんと前のことなので覚えてない…w
もしかして平野レミのこと後から知ったかなー?
それともびっくりしたんだろうか。
でも2人ともあのテンションだから納得したような気もする。

2014-03-17 (Mon) 12:58 | EDIT | REPLY |   

りいこ

らっずべっりーおどろぉーよー
懐かしい。CD持ってたよ。

ていうか平野レミの息子ってのびっくりしなかった?

2014-03-17 (Mon) 11:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply