Welcome to my blog

余裕綽々。多肉とか。

…ていうかもう多肉以外にもいろいろ

 ヘナの自分用メモ

今後のために自分用メモです。
まず、私の目的は
・白髪を染めたい。それもアッシュに。
・頭皮にやさしく。でもツヤとか髪の質はわりとどうでもよい。(最初からきれいな髪の毛ではないので)


ヘナ…準備
・ヘナ50g
・お湯
  用意した時は50~60℃あったと思うけど溶かしてるうちに冷めまくった。
  ので、ぬるま湯よりもしかしたらもっと常温かもw
・前日のヘアオイルはしてない。当日も。塗る前のシャンプーもなし。
・どれほどの匂いか自分で確かめたかったので混ぜ物もなし。

ヘナ…塗り~
・固さはマヨネーズくらい。娘2がおもしろがって溶かしてくれたw
・匂いは抹茶みたい。私は全然なんともない。平気。
溶いたら時間をおかずにすぐ塗りました。
・塗り塗り~。ハケとか使わず手でモタッとのせて地肌に刷り込む感じで。
・もみあげ部分はいつも気になるので注意深く厚めに丁寧に塗りました。
・ラップ巻き巻き~。気になるもみあげ部分は調べたらいろいろ方法があるようだけど
  私は耳ごとラップで巻く方式で行ってみる。どうせ1回目は期待してなかったし。
・シャワーキャップ?を2個かぶって(自分でもなぜそうしたか意味が分からないw)
  電気毛布を一番強くして頭にまいて1時間横になりました。
  スマホみてたけど途中で寝ちゃったw
・最初は電気毛布あたたかく感じたけど寒く感じて目が覚めたらちょうど1時間だったw
・ここからお風呂へ移動。ラップをはずし、湯船につかり、説明書通り空気に10分さらした。
・お湯だけで洗い流す。ずっとオレンジの水だったけど十分流しきったと思ったので
  透明にならなくてもやめた。B型www
・タオルドライ&自然乾燥
  でもさすがにもう寝るって頃はドライヤーかけた。
  起きてから頭痛くなるので。

なんか巷でいわれてる方法とはかなり違うけど、だいたい説明書どおりにやったし、
ちゃんと染まったし。びっくりです。
実はちょっと化学もの混じってたりしてwでもピリピリしないし私は今のところこれでいいや。
毛の質は、まあトリートメントもしてないのでバサバサしていますが私はこれがデフォなので許容範囲w


インディゴ!
・ヘナの2日後実行
・インディゴ大さじ3ヘナ小さじ1
・道具もろもろもって溶かす前にお風呂へgo
・今度は多分80℃くらいのお湯で溶かした。
  ヘナよりゆるめでいいらしいけど調子に乗ってゆるすぎたw
  ハケですくうとボタッと落ちちゃうw
  こちらはもともとすぐ塗りなさいとなっているのですぐ塗った。
・が、塗りにくいねw根性。
  そしてかなり量が少なかったwので生え際の真オレンジ部分や表面の見えるとこ中心で。
・湯船につかり5分待った。
・お湯ですすぎ。すぐ透明なお湯になった。リンスしてない。
・タオルドライ&自然乾燥。

結果
生え際の真オレンジは治まったかな。
あと、全体的にダークブラウンで落ち着いた気はする。
まあ、結果染まりましたよ。
基本的に染めてみて私はどう染まるのかみなきゃいけないしね。
でも私はアッシュを目指しているので全然ゴールではない。
赤みを消したいんだよ。でも黒は嫌なんだよ。ヘナではむずかしいのかな。

インディゴ液はこれ以上薄くできないだろう。や、もっと薄く?
時間もこれで染まるのかなって思うくらい短くしたし。
「水分で着色が進むのでドライヤーは使わない」ってことだから逆にドライヤー使ったほうがいいのかな?
あとインディゴの量が少なかったwこれはあきらかに失敗。
しばらくヘナ染めやめてインディゴだけのせていくとかいろいろありそうね。
まあ、インディゴは色落ちしやすいそうなのでこれからまた色が変わっていくだろうけど。わくわく。

インディゴでかぶれなかった。よかった。
早くいつもの美容院さんに行って報告&相談したいなあ。
私の顔色にはアッシュが似合いますよって言ってくれたのもこの美容院さんなので。
髪の質ですが、ヘナ2日後の効果なのか、インディゴなのか、ドライヤーあててないからか
髪がツヤツヤのしっとりです。なんかこんなことないから気持ち悪いんだけどw
関連記事

0 Comments

Add your comment